面接を受ける際に気を付けたい身だしなみ

転職時の面接する時には、氏名を名乗る事からはじまりますが、職務経歴も一緒に簡潔に会話に入れておきます。

面接時のはじめの挨拶と職務経歴

面接を受ける際に気を付けたい身だしなみ 転職時の面接する時には、氏名を名乗る事からはじまりますが、職務経歴も一緒に簡潔に会話に入れておきます。採用担当者にとって応募者の第一印象、コミュニケーション能力、職務経歴と応募者の経験が採用後にいかせるかなどをはじめの挨拶から見極めています。採用担当者にとって初対面となる応募者の人物像や職務経歴を知る事ができるはじめの挨拶では重要度を高くみています。

採用担当者は、はじめの挨拶時に応募者の表情や話し方から、既存社員と業務を一緒に行えるかという点も判断しています。最初に氏名を名乗り、職務経歴と応募企業で活かす経験を簡潔に話す事が重要になります。挨拶は長すぎず30〜60秒程度で終わるよう事前にまとめておきます。

挨拶時に失敗しがちな事は、仕事以外の趣味や関心事など長々話す事はよくありません。面接官が挨拶時に知りたい事は仕事に関わる事です。序盤で色々話す事はこの時点では必要がないです。詳細な職務経歴などは面接中の会話で話す機会があります。今までの職務経歴を聞かれますので、いままでどんな業務を行い、応募企業でどんなスキルを活かす事ができるかを採用担当者は見極めていますので、スキルなどを簡潔に伝えて、具体的な数字を含めるとより経験を伝える事ができます。応募企業へのアピール不足を感じる場合には応募企業が求めている人材と自分の共通する部分を見つけておきアピールします。

Copyright (C)2019面接を受ける際に気を付けたい身だしなみ.All rights reserved.