面接を受ける際に気を付けたい身だしなみ

面接するときには、事前に会社について調べたり質問されることに対しての答えを用意しておくことは当たり前のことではないでしょうか。

面接時の逆質問について

面接を受ける際に気を付けたい身だしなみ 面接するときには、事前に会社について調べたり質問されることに対しての答えを用意しておくことは当たり前のことではないでしょうか。面接時には、それ以外にも考えておくべきことがあります。それが逆質問です。面接の最後には、大半の場合に質問はないかと問われます。その際に質問がないと答えるのは良い答えとは言えません。質問がないということで、会社に入る意思があまりないのではないかとみなされてしまいます。会社側としては入社の意思が強い人を雇いたいと考えるのは当たり前のことなので、逆質問は絶対にするようにしましょう。

面接に成功するためのポイントの一つとして重要な逆質問ですが、質問すればなんでも良いというわけではありません。質問の内容によっては、しないほうがよかったということも十分にあり得ます。会社のホームページに書かれているような内容のことを質問したりすると、会社に対して知識がないし興味がないと思われるので注意しましょう。逆質問は面接の最後に行われることが多いということもあり、かなり印象に残ってしまうので、そこで良い逆質問ができるか否かという点は採用に大きく影響を与えるといっても良いのではないでしょうか。

Copyright (C)2019面接を受ける際に気を付けたい身だしなみ.All rights reserved.